当サイトの注意事項

*当サイトは『一人暮らしの部屋探し』に関しての情報を、管理人の体験談と独自の考えで記述しているサイトです。

*万が一、当サイトの情報を利用して、利用者の方が何らかの不利益や損害などを被った場合、当サイトの管理人はその一切の責任を負いませんのでご了承ください。

*当サイトの『一人暮らし』に関する情報のご利用はあくまでひとつの情報として捉え、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願い致します。

リンクについて

当サイトはリンクフリーとなっておりますのでリンク時の連絡等は特に必要ありません。

禁止事項としまして、当サイトの各コンテンツへの直リンクは禁止してますのでご了承ください。

サイトの紹介文や、バナーは下記を参照にお願いします。

サイト名
『 一人暮らしやらないか
-ウホッ!良い賃貸マンション- 』

紹介文
『一人暮らしやらないかは一人暮らしの部屋探しの応援サイトとなっています。一人暮らしの部屋探しについての情報ならこちらへどうぞ♪』

 

やらないか

部屋探しでの最重要ポイント

さてと、飯も食ったし部屋探しで最も重要なチェックポイントの説明をしていこう。

それは隣に漏れる音!
隣からの音というのは結構気になるもので、
賃貸物件を初めて借りて、一人暮らしをはじめた若者の間で隣人とのトラブルになることも少なくない。

というわけで、賃貸マンションでの音のトラブルを起こさない為どうすればいいか、
また、広島 賃貸などでの部屋探しの時にどこを見れば良いのか教えていこう。

賃貸物件の構造の違いによる遮音性

賃貸物件の構造上の話になってくるのだが、
賃貸マンションは遮音性が高く、賃貸アパートは遮音性が低いとされている。

遮音性の高い賃貸物件を希望するのであれば、
賃貸アパートを選択していけばいいのだが、
それ以外にもある程度はその部屋を見ることによって、
音対策をしているかどうかを知ることが出来る。

例えば、部屋探しで実際に自分が見つけた部屋と
隣の部屋との間にクローゼット等の収納スペースが設置されている部屋などは
収納スペースが音を吸収してくれる効果をもっている為、
密着している部屋等と比べた場合は、防音効果があるということになる。

あとは、部屋探しの時に角部屋を選択するという手もある。
特に最上階で角部屋を選べるのであれば気にするのは隣だけである。
下の部屋の音は思ったよりも届かない場合が多いからな。
あと、最上階というのは、防犯面でも下の階に比べればいくらか安心な為、俺的にオススメする。

若干値は張ってしまうかもしれないが、初めての一人暮らしであれば色々な面でも最上階の角部屋はオススメということだ。特に女性の人は尚更だと思うぞ。

これは、あまり知られていないことだが、部屋探しの時に実際に部屋の下見で訪れた時に、
不動産やか管理人に隣が空き部屋であれば、防音がどの程度なのか参考にしたいと伝えておき、
隣から壁などを叩いてもらうということも出来る。
これは是非とも実践して欲しいところだ。

一度契約をしてしまった後だと、不動産屋や管理人に音が気になるとクレームを出すことは出来るが、
大抵その音の発生している住民に注意という形しか取らないことが多く、
あまり問題が解決しない場合が多い。

自分が諦めるか、隣の住民が出て行く、
もしくは、自分が出て行くかしないと解決しないので、
部屋選びの時に若干過敏かな?と思うくらいで良い。

一人暮らしを素晴らしいものにする為にも、良い賃貸マンションを、部屋探しをしていこう。

←部屋探しのポイント   賃貸マンションと賃貸アパートの違い→

Valuable information

2014/10/10 更新

このページのTOPへ

Copyright (c) 2008 一人暮らしやらないか -ウホッ!良い賃貸マンション- All Rights Reserved