当サイトの注意事項

*当サイトは『一人暮らしの部屋探し』に関しての情報を、管理人の体験談と独自の考えで記述しているサイトです。

*万が一、当サイトの情報を利用して、利用者の方が何らかの不利益や損害などを被った場合、当サイトの管理人はその一切の責任を負いませんのでご了承ください。

*当サイトの『一人暮らし』に関する情報のご利用はあくまでひとつの情報として捉え、扱うのはそれぞれの自己責任の元でよろしくお願い致します。

リンクについて

当サイトはリンクフリーとなっておりますのでリンク時の連絡等は特に必要ありません。

禁止事項としまして、当サイトの各コンテンツへの直リンクは禁止してますのでご了承ください。

サイトの紹介文や、バナーは下記を参照にお願いします。

サイト名
『 一人暮らしやらないか
-ウホッ!良い賃貸マンション- 』

紹介文
『一人暮らしやらないかは一人暮らしの部屋探しの応援サイトとなっています。一人暮らしの部屋探しについての情報ならこちらへどうぞ♪』

 

やらないか

賃貸マンションと賃貸アパートの違い

ところで、部屋探しをしている道下君に聞いておきたいんだが、
賃貸マンションと賃貸アパートの違いというのは知ってるかい?

多分、一般的な考えで、
賃貸マンションは高級そうなイメージ、賃貸アパートは庶民的なイメージ、
大方、そんなところでの認識だろうと思う。

正しい部屋探しの為にも、今回はこの賃貸マンションと賃貸アパートの違いを説明しよう。

賃貸マンションと賃貸アパートの違いは曖昧なもの

実は、賃貸マンションと賃貸アパートの区別は管理している不動産屋次第とも言える。
賃貸マンションとして書かれていればマンション、
賃貸アパートと書かれていればアパートというように非常に曖昧なものとなっている事が多い。

賃貸物件でアパートかマンションか明記されていればまだいいほうで、
メゾンとかコーポと書かれると、部屋探しをしている側にとっては
アパートなのかマンションなのか確認を入れないことにはさっぱりだ。

曖昧になってはきているが、不動産屋がしっかりとしているところでは
その定義は守られているから安心して良い。

賃貸マンションと賃貸アパートの違いは実はシンプル?

不動産屋で言われているのが、建物の階の高さである。

賃貸マンションであれば、3階以上の建物で、
賃貸アパートであれば、2階までと言われている。
このことがわかれば、部屋探しをしている君達でも
マンションなのかアパートなのか分かってくるだろう。

この階層の違いでの区別はしっかりとされており、賃貸物件の構造に絡んでいたりする。

3階以上の賃貸物件がマンションとされているのは、鉄筋コンクリート等の頑丈な構造じゃないと、建物として認められないため、建てる事すらできない。

アパートの場合は2階までとなっているから、木造や鉄骨造等でも良いわけである。
この造りで3階以上建てるとなると強度的な問題が出てくるというわけさ。

マンションやアパートは共同住宅だから、一般住宅と比べても強度の問題は大きいわけだな。

まぁ、その分、鉄筋コンクリートの方が家賃が高く設定されており、
木造の方が安い家賃設定がされているのが賃貸事情だ(笑)

賃貸マンションと賃貸アパートの遮音性

強度的な問題だけでなく、遮音性の違いもある。
その構造上、マンションは遮音性が高く、アパートはそれよりは劣るってわけだ。
部屋のつくりによっては、当てはまらない場合もあるが、一般的にはこう認知されている。

音に関しては、前に話したので、そちらを参考にして欲しい。

当然、鉄筋コンクリートの方が高く、木造の方が安い家賃設定がされている。

←遮音性での問題      一人暮らしの料理→

おすすめWEBサイト 5選

テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/

Last update:2014/10/10

このページのTOPへ

Copyright (c) 2008 一人暮らしやらないか -ウホッ!良い賃貸マンション- All Rights Reserved